何を食べても健胃健康熱を下げさせる

いち、五豆粥原料:ダイズ25 g 25 g 25 g、緑豆、アズキ、黒豆炒め25 g 25 g、インゲン、紫米gで、米100 g制法:(いち)豆をきれいに洗って、清水で液体に浸して少なくともよんしよ時間.1時間に1時間後に火をつけて、火の中で火をつけて、1時間後に火を消して.蓋を開けないで、鍋に15~20分蒸らす、この五豆粥を煮てはいけない.効能:漢方医は、五色に五臓て、五豆のかゆは豊富な蛋白質、脂肪,糖類、ビタミンB 1、B 6とビタミンAなどの物質が含まれます.緑豆清暑さで唾液の分泌を促進して、赤小豆を散らす利水、炒めインゲン健脾臓が止瀉、黒豆除いらだって解毒.五豆粥は解熱解毒,健脾臓と胃などの効果.に、菊鳩麦粥原料:25グラム菊、ハトムギの実の皮、蜂蜜ひゃくグラム、適量.制法:(いち)の皮をきれいに洗って、千切りにし、ハトムギの実をきれいに洗って液体に浸して洗って、少し;菊引き裂いて花びら.(に)ハトムギの実と一緒に皮の糸を鍋に入れ、適量の清水は煮沸して,健康、菊の花が、最近おかゆで小さい火.効果:菊がサン明目、ハトムギの実の利水除湿.菊のお粥に祛湿ハトムギの実を、夜更かしによる目の赤い腫れ、めまいがして頭痛.さん、蓮子インゲン鳩麦粥原料:炒めインゲンごじゅうグラム、蓮子ごじゅうグラム、ハトムギの実ひゃくじゅう粒グラム、赤いナツメ、陳皮さん片、米適量.制法:材料をきれいに洗ってから、莢隠元など2時間浸して、蓮子は心に行きません.すべての材料を水で水割り.効果:このかゆ健脾臓と胃、精神修養する平肝、おびえる眠れない、暑さ伤气は治療効果.虚弱、食欲減退という人はとても適している.よんしよ、ゆり麦冬ナツメ粥原料:ナツメじゅう枚、ユリさんじゅうグラム、麦冬じゅうグラム、米適量.制作:材料を洗って、適量の水を加えておかゆに煮ます.効果:補益の息、純粋な心を持って、神の血、鎮静作用があり、動悸、めまいなどの改善して、しかも補血を.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です