風に当たって涙を流す?冬目保護法健康則

正常な情況の下で、涙腺分泌の涙の中で1部分は潤滑眼球の中ので、もう1部は涙小管、涙のカプセル、涙のカプセル管が鼻腔に流れてきます.もし涙管閉塞や狭いシステムの状況で、することはできませんが正常に排出に加えて、寒い空気の刺激によって、反射的に涙腺の分泌を増加させることはできません涙の管を過ぎてすぐの涙を吐き出して、涙が思わずへの流出.一般的に、正常な機能性の風上涙は生理現象に属して、治療する必要はありません.一部について、トラコーマ、結膜炎、慢性炎症の患者にとって涙管なければ、治療などにつながる目の感染の深刻な後の結果を引き起こし、角膜炎や白内障など、必要な正規病院の眼科専門の眼科病院や詳細検査を行う.風がびゅう、涙がワンワンの確率、まず
,防風、保温,なるべく外出せず、冷空気と接触することを避ける.朝から出勤する人と、寒風で朝練の人々は、外出時にマスク、チョーカーとメガネの防風、なるべく冷たい風に目をさせないでください.その次は果物野菜,健康、普段は個人衛生に注意して、勝手に手で目をこすってはいけない.洗面器、タオル、個人用に、手に目の前には必ず接触先に洗って涙を拭く時きれいなハンカチを十分に目を保護するためには、頬骨朝上に涙そっと内を避けて、上下左右に往復乱を拭く.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です