ブルーレイメガネは不要ですか?医師:スクリーンは長く見すぎて、健康肝心なこと

行政院で市販の消費者保護発表と抗ブルーレイ眼鏡のほとんどは表示が一緻しないことが本当にあるかどうか抗ブルーレイ検出機能;医師は、実は低減ブルーレイのダメージはなんて斬新な技術を、一般の琥珀色やグレーのサングラスをかけても一定の効果が、本当の鍵やはり避けに連続で見各種モニター、連続で見30分後に10分間休憩、さもなくば老化加速目、目の自然保護機能が消える.によっては、靑眼鏡の原理に似ている太陽眼鏡は全世界がすべて国家が人工光源に対して検査基準を締結することができないため,健康、だから市場ではありません靑眼鏡、しかし、その本当の効果は確認できません.でも本田眼科クリニック医長廖士杰は示して、実はいわゆる抗ブルーレイ技術は新しいとして発展した科学技術、サングラスは既に持ってこのような機能.

彼は、ブルーレイが傷眼は、比較的短い波長の光が強力なエネルギーは、目の奥に黄斑部病変を体得しやすい、早めに水晶混濁白内障、他にも紫外線角膜炎、瞼裂斑、目の翳、葡萄膜メラニン腫瘤など.可視光の波長介於400~700ナノメートルの間で、ますます靑波長ほど短く、見えない紫外光の波長220~400ナノメートルとともに、可視光の靑い部分は普通というブルーレイ.にしても、光には目が早期に老化p>と<廖士杰、目の構造を持っている防ブルーレイの天然機能を吸収することができて、角膜波長最短のUV-C紫外光を吸収することができて、水晶体の長いUV – BとUV – A、到着が網膜のブルーレイは少ない.目の中にまたいくつかを吸う光化学物の質、酸化酵素とビタミン、ルテインなどの抗酸化物、これらを全部合わせて構成されて目を保護するために影響を受けないブルーレイのメカニズム.

は保護機構聞こえは完備して、アメリカエネルギー部前にも出ないと再びデマを打ち消しブルーレイ傷眼が、廖士杰みんなに注意してアメリカエネルギー部の言い方はするのは、無理な照射.彼は、天然の保護機構四十歳の後で、効果が低下し始めたが、四十歳前に過度にさらすブルーレイの下、保護メカニズムを加速し、老化などは早めにため、アメリカエネルギー省は正常使用する下で、波長は400~480ナノメートルの可視光照射下は、過度の有害な.

すぎるとは、今みんなが関心のスクリーンブルーレイ,事実上人間が多くの活動も1種の過度な暴露.廖士杰、屋外での活動を過度に日光の下で吸収される多くの太陽の光の中のブルーレイ、水,雪、砂の屋台、塩田、溶接なども多く目吸収日光反射.もしまぶしは1種の警讯を含め、スクリーンを含め、光の強さを下げるべきか.廖士杰まだ例と目が直視日光や直射日光に照らされて、短い時間のような眼盲みたいな状況、」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です