「うるさ」を超えて、健康脳を愈すことができる

突破伝統フレームてんかんチーム専門施設や統合主任は、一般的に、てんかんの手術前には3段階の評価は、第一に、非侵入性脳坂検査.次は頭蓋侵入性脳波検査と電気刺激機能評価;最後には手術で即時大脳皮質脳坂検査.統合の各専門の目的は最適患者の手術を計画、最高の予後完全医療チームに様々な手術現在、臨床の上でてんかん手術を切除手術,放射性手術、中断手術と神経性調節術.切除性手術とは、1,健康、前頭葉切除術:この手術で癲癇率80 %に達している.二、選択杏仁核海馬回切除術:適用は外側頭蓋葉正常の病気、少しも保留に人生の記憶.三、顳葉のほか皮質/緻痫病巢切除術:病気の病巢切除、例えば、皮質発育異常、腫瘍や血管、合併を利用して電気や頭蓋を痫区後を一緒に切除.4、大脳半球切除術:赤ちゃん性不随,脳半前後制御癲癇発作、効果は抜群です.放射性手術、すなわち加マテガイ放射手術.中断性手術として使用され、一般的に受け入れられない切除術の病気の代替的療法、一部のてんかんの影響範囲が減って、発作の機会を含むが生じ、たこ体切核術と軟脳膜下で回切断術.最後に、神経切除術を調節し、納得できないまたは中断性手術の頑治型てんかん患者の生存するわずかな望み、利用迷走神経刺激術や脳深部電気刺激術を減らす発作を起こす.幼児期の発展を積極的に治療を避けキー脳病変施設修養主任は注意して、児童の時期には脳の発展の鍵期、積極的に治療だけでなく機会が免除病魔を苦しめ、避ける面後日認知機能退化と脳の病変;逆になければ、この期治治療を生みやすいですが、脳の病変が認知機能退化し、異常行動、精神疾患など.歩いて民衆を取り除くためだけを化除たセミナー以外に積極的に参与し、施設は修養主任とチームより大衆に入ると、直接民衆衛サービス、講演して修養、施設として、これらはすべてのために患者の心理的配慮から、異様な目にこれら社会人と接する児童にくい病気.未来、施設は修養と北栄てんかんチームを創立することができたいてんかんデータベース、これを集めて患者手術後の殘りの生物検体研究として使用します;同時、栽培多くのてんかん内外科医師、持続導入ベスト医学の治療は、患者に小さな新しい未来.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です