海の健康幸を食べた後でお腹はどうする?

海鮮を食べた時、おいしいボウル生姜シソの葉のお茶、予防に効果がある海鮮を食べによる胃は冷たくて、腹痛や下痢、嘔吐などの不快.海の幸の季節はすぐ来る、しかしある人は魚介類を食べた後に腹を引きます.どうしてだろう?なんとか対抗することがあるのか?海鮮調理時を維持うま味は、調理透、いくつかの病菌存在します;また、一部の人の好みはよくなくて(好みの偏寒)で、大多数の海鮮性味寒い、または高蛋白、よくない消化、下痢を起こしやすい.だから海鮮を食べた時、おいしいボウル生姜シソの葉のお茶、予防に効果がある海鮮を食べによる胃は冷たくて、腹痛や下痢、嘔吐などの不快.シソの葉に含まれているシソアルデヒドなどの多種の揮発油,抗菌作用があり、黄色ブドウ球菌、大腸菌などの多種の菌が抑制や絶滅させる作用.ショウガ性味の辛、緩い、持って温中、解魚のカニ毒の役割は、緩和魚のカニの寒いの性は、殺菌抗菌
.方法は:取生姜きゅう、くグラム、シソの葉ろくグラムで,湯は泡に突き進んで、代の飲み物.海鮮食用になる前に飲用,健康、または食事期間に温かい飲み、予防にも効果があります.海鮮料理もできたし、シソの葉適量生姜糸.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です