塀の健康外の薔薇

これはバラ、

は1株のバラ、

は1株の薔薇、です.

生長は1基の塀の外.

Pは自然に自然に発生して、

は自然に発生して、<Pは人が関心を持っていない、

これは人の恋ではない.

Pは強く成長している、

自分が一日を望んでいるのは、

は自分が一日,健康、<P>と渇望している

も塀の中のあの薔薇、

Pは主人の家に愛撫られ、

はpは、道に賞賛され、人々に賞賛されます.

これも知らない、

には一日があるのではないかというのが、

ではないかpって強く成長しているから.

Pは春夏秋冬、

は酷寒猛暑にも関わらず、

は.

Pは知らず知らずに、

Pは長年時間が過ぎて、

はたくさんの人が以前に歩いて、

Pはそれを指して、

はについて

彼について言う.

Pっても待ってる、

それを待っているあの日には.

はやはり孤独な成長はそこに、

としても孤独に成長しているのです.Pは心が憂うつ、

p思想その迷いは.

自分

は心配してくれる自分があの日などないのを心配する『p』は長い待ちに待って、

PはP盼望、

の熱い盼望を待ち望む人はそれを知る人はいない.

に任せて,孤独に成長して,

寂しさの中えんみょうの舞で我がほむる.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です