健康生活と生活は勝手に気にするべきで

私は1碗の卵のスープを飲んで,健康、暗い照明の映って碗の中で、これは私の第二週間村に戻る.だんだんここの生活に慣れて、朝5、6時に起きて,顔を洗って、歯を磨いて、髪を整理して本小説を片付けて散歩に出かけます.清風が顔に判然ている、村の空気は、何よりも都会に比べて.ここは雑に乾いたクラクション、濃い味ないガソリン、泥の中の花の香りを持って、陽関はそんな輝き……

私はすべて、すべて、縦横無尽、私のやりたい事をすることができます.あの黄色いザンザン州の菜の花畑転げ回って,
,あの小さい川の水に入って、あるいはその麦畑1名の番人!あ、あの時、風はそんな優しい、嬰児の肉ぶうぶうの小さな手はそっと私の顔をなでるように、美しくて形容できない感じがしました……私は好き着洗濯白っぽいジーンズにスニーカーで、極めて淑女の髪をポニーテール(は、私は楽観的で、活発な人)を1冊の厚いのようにいつまでも見きれないような小説で、静かに道を歩いて、感銘自然の息は、靑春を殘して軽やかな後ろ姿.

私はこれが好き

に勝手に意の生活、私の憧れの自然が好きで、足を踏んで土の匂いは菜の花畑を転がりやライ麦畑でつかまえて……生活と生活は勝手に、自分の好きなことを求めて.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です