思い出に健康は

夏の雨は乱れ飛ぶと、

はこぼせの涙は昔の涙.

Pはほこりの道には、

というちょっと滴って

はすべての記憶が雨に溶けて、

pは風が飛ぶ.

は道、

は道、

の道、<私たちの足跡はぼやけて、

はpなら数奇の道はぬかるみになる.

水は私の記憶滲入土に連れて、

というのは記憶が滲入て、

私は私の意識を混乱させて、

は私の意識混乱にさせて.

私は無声の涙はしきりに哀願て、

は無声して哀願して、

空は私を怒鳴るて怒号て.

にしても仕方がなく、<P>です.に疲れていると

疲れている.

私はまだ抜け出せない、

はPは涙が流れて,

雨も止みました.

私は振り返って、

は、私は,

もう帰る道は見つからない

,.

P風が止まり、

風が止まりました.記憶が蒸気で虹になる.

私はしかし私は企及ことができなくて,健康、<P>はp距離の長い長い目でため息をつく.

私は私を背けるて歩いて行くことを続けて、<ばp>あなたはとっくに遠く去る、私はもう迷わない、

は、私はもう迷わない

を足跡歩き出せ

君の背中探しには、

は見つからない私は慌てた.

道のさまざまな痕跡が交錯し、

には入り組んが交錯し、<

君もその後行方が知れない、

あなたが振り向いてくれ、

は私はあなたの世界が落ちました……

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です