はさみの健康天敵

私は、昔から誇りのはさみ、彼はずっと自分は最も良い、何も人より強いと思う.ある日光の明るい朝、小さいはさみは散歩に出かける準備をしていた.

1,私は楽しみの小さいはさみは、私は楽しみの小さいはさみを、私は、".小はさみながら両手を振りながら.誰だ?歌がうまい.」傍らの黄色の花のぶー.小はさみ怒号怒号:“あなたはあなたを要して!」そう言って、小さい花の頭を切った.

からはほえる……はさみの歌声は怒号と怒号れてしまった.誰かに誰?誰が私の歌を中断したのですか私はあなたの小さなはさみは私には何ができる?」トラが笑う.小はさみは聞いてとても納得していない、彼は何も言わずに、トラのひげを切り落とした,
.虎は顔を覆って、すぐに洞穴に帰って、他人は笑う彼は醜い.はさみは哈哈大笑:“見て、私はやっと最もすごいです.」

はさみは歌を歌い続けて歩いて行く.ざあざあ!」誰か?こんなに聞き苦しいな声を出す.」はさみの歌声が滝に覆われている.あ、そうですか.はさみをもっと歌うように歌うようにしましょう.」滝反そしる道.あなた、あなたは……」小はさみ滝に怒って声も出なかった、短気な真っ赤だ.どうした?赤くなった.自分も恥ずかしいと思います.」滝は笑う.小はさみは瞋恚の炎へ向けて、ひとしきり狂滝を切って、しかしいくら切っても、彼は不服で,健康、ずっと切りだ……切る……

一日一日あるから,彼はへとへとになって倒れた.

P第二年の春、黄色の花はもっと美しい花、トラも新しいひげ、滝の水はもっと澄みきっている.しかし、草原には錆びのハサミがすでに生の鋏をしている.

Pは、

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です