葉酸と健康

葉酸は、通常の食事をしていれば欠乏することはほとんどありませんが、妊娠中の女性は注意が必要です。細胞分裂が活発な胎児を胎内に抱えているので、体の葉酸必要量が増え、妊娠していない時の2倍の葉酸が必要です。
奴尕原瑞穂の国とよばれ、ィネがよく生育するわが国は浞度が高い。高温多湿の堳堍のなかで粹らすために、家は高床にし、毎日の入浴、湿気をさけるような衣服、食柬などさまざまに工夫して、わが民族は生きのびてきた。しかしそれでもに侵された病は多い0関節や筋肉などの組織のなかにあつて、勅かない水靡を除くには朮がもつともよい◊京都.坂神社の神水に使われるオケラが朮で、朮は、附子が血管やリンパ讶を温めゆるめて流れをよくしたところにうまく作用して、^^その他の老廃物質を尿に流してしまうはたらきがある。

江戸時代の漢方先速は、日本的な高温多湿と病との関わりに深く思いをいたし、「艰•附子」の湿を除き痛みや麻痺を治す作用に荇目して、強壮的iをもつ桂枝港に「朮•附子」を組み 合わせて栓枝加朮附溻をぞ案した。桂枝加朮附沏は、神経病や四十耵などに用いられるだけで なく、半身不髄などに用いて著効を^た症例も多々ある。

およそ疼痛や麻痺に用いられる処方には「求•附子」のペアが関fることが多く、この効き方を拡大して、無汗で実証ならばI加朮附溻として用る。桂枝ニ越婢I加朮附湯にいたつは、轻度のリウマチ性疾忠にも奏功する。加朮附湯として用いる場合に、水気の留滞が多ければ、朮の盟友である茯苓を加えて加苓朮附湯とすればさらによく効く。

よく効く媚薬の成分とは?

カロリー制限でダイエット!

体が痛い時、どうしようか?!