健康とビタミン類

人は毎日3食ぐらいの食事で必要なビタミンや、タンパク質などの栄養素を摂り、自分の健康を維持するためにこういうのが必要です。
胸中を温めて冷えを除く「甘草•乾姿と、水気を速やかに順通する「夜苓•朮Jが合わさると苓美朮甘湯となり、この方は腰のあたりがひどく冷えて風が吹きぬけるよぅで、重るく、小便はじやんじやんと出る腰痛、座竹神経痛、膀胱炎、夜尿症に効く。

色白、水肥りで多汗症の者は、水気が表に浮かんでめぐらない症であることが多く、皮膺のをとり除く防已(オオッブラフジの根や蔦)と、皮膺の水をめぐらす黄苒<キパナオゥギの根)、組織問の水を除く朮が組み合わさった防&黄耆湯の適応である0この証は婦人に多く、以は淹のよぅに汗がでるから勳くのが傯劫で、横になってばかりいるから肥満に拍»Kをかけ、血讶硬くなり高血圧となる◊水気が汗の方に回るから小便は出渋り、その水は膝にたまりやすく炎症を起こす。筋肉にしまりがなくぶよぶよとして、腹のかたちはまるでガマ蛙のよぅである。 汗が出やすい者の変型性膝閲節症には防巳黄存渴が第|迸択で、反対に固肥りの閲節症は越婢 加朮湯の治となる。

水気が#体の上部や皮满に迫って盛んに汗が出て、のどが乾いて水を欲しがり、小便の出渋る者は、石竹で奥深いところにある熱をさまし、fで体表部の緊張をゆるめて水気を小便から捌けばよい。汗が出て、のどが乾きはげしい喘息に用いる麻杏甘石湯や、汗が出て、のどが乾き、小便が出渋る急性释炎、下肢の麻味、問節痛、アトピー性皮麻炎に用いる越婢加朮湯 などがそれで、少陽病の実証に位する。

☟精力剤