亜健康状態の基礎知識

亜健康状態とは、自覚症状がありますが、臨床検査では異常が見られない健康と疾病との間における低質で不完全な健康状態のことです。
亜健康はびょ気になる前の黄色信号です。つまり健康と病気との中間状態を指しています。未病、半健康という言葉も良く使います。
「お医者さんに診てもらっても、特に病気とは診断されなかったが、どこか調子が悪いような気がする……、そんなあなたは要注意。・健康と病気の間には「亜健康(あけんこう)」という、深刻な生活習慣病の“予備軍”とでも呼ぶべき状態があるのです。」
考え方としては、病気は突然になる訳ではなく、健康の状態から落ちって徐々に病気に進んでいく。亜健康とは病気の一歩手前の状態と考えてもよいでしょう。
ところが私達は体からのシグナルを無視してしまい、体の亜健康状態をそのまま放棄し、深刻な病気に進展してしまうか、それともこの重要な時期を意識し、毎日の生活および環境から体質を改善するか、重要な分かれ道です。・体質を改善することは病気に対する抵抗力をつけることにつながります。
亜健康状態は既に病気の状態に導いていくのです。疲れやすいとか、精力低下、どこにたまに痛いとかなどのことがあるなら、食事や運動などで生活状態を改善、調整するときに来たのです。

シアリスで活力全開! | EDを治療する薬